FC2ブログ

五右衛門のその後 PART2

お友達のみなさんにはご心配をおかけしております。

今日、電話で検査の結果を聞きました。かかりつけのハミング動物病院です。

それがあまり良くなかったのです。。。

先生は「きちんとお話しするので、出来れば病院の方へ来てください」と。

パパにも一緒に話を聞いてもらおうと思い、一緒に病院へ行きました。

この頃あまりかまってやってなかった小次郎も連れて行きました。

日曜なので混んでいましたが、待っている間も五右衛門は元気♪

お隣のネコちゃんやうさぎさんに、ちょっかいを出していましたよ。

受付のお姉さんが見えると、シッポもフリフリ、いつもとなんら変わりが無い。


今回検査した、食前食後の総胆汁酸の数値は、共にビックリの300近くでした。

私が想像していたよりずっと多い。こないだは130でも多いって言われたのに、また増えてる。

こないだのは何かの間違いかも?って思っていたのに、大はずれ。。。

ただしアンモニアの数値は普通よりもほんの少し多いかも?くらいのものでこれはよかった。

私が調べたところでは門脈シャントの場合、総胆汁酸は食前が低い数値で食後2時間が高くなる。

アンモニアも処理できずに高い数値が出る、というもの。

五右衛門の場合、総胆汁酸値は食前食後共に高くて前後の変化なし。

共に高いのも文献と違うし、アンモニアも高くない。

しかしそれは先生によると、病気を判断する場合の理想的な数値であって、必ずしも
そういう値が出るものではない。総胆汁酸が高いので、やはりシャントの疑いは濃厚とのこと。
なぜ食前の値が高いのかはわからないんだそうです。

そして先生によると、五右衛門の場合(今のところ)肝臓の大きさが普通であると。

これは、まだ症状がほとんど出ていないということで、シャントがあるとしても細いかも。

小次郎が以前、ヘルニアの疑いのときに撮ったレントゲンと比べて見せてくださいましたが
おっしゃるとおり、肝臓の大きさはそれほど違わないように見えました。

小次郎の肝臓が肋骨3本分、五右衛門は肋骨2.5本分くらい。
大きさ的には特に問題なし、エコー検査でも特に肝硬変の所見は無かったそうです。

ということは、肝臓が働いていないわけじゃない。

すぐに命の危険があるわけではないようです。少しホッとします。



じゃ~五右衛門の場合、この後どうするのか?

先生によると「シャントの確定診断は開腹してみないと出来ない。前検査でCTもあるけど
大きいシャント血管は写るが、結局開腹しないと小さいものははっきりわからない」んです。

先生からもお聞きしましたが、素人ながら自分でも色々調べてみました。

同じような経験をしている方がとても多くて、たくさんのブログも読ませていただきました。

開腹検査をする場合

1.シャントが無ければ肝生検のため肝臓の一部を切り取って終わり。

2・シャントを見つけたらその場でシャント血管をゆるく縛ってまず終わり。
  後日、様子を見ながら再度の手術で完全にシャント血管を閉じる。再度が一度とは限らない。
  今まであった血管を無くすことによって、高血圧や腎不全になるリスクもあるし
  一度完治してもまたシャントが出来る(再発する)こともあるらしい。

3・肝内シャント及び多発性肝外シャントの場合は、まず外科的な手術が出来ないため手術せずに閉じる。
  この場合は食事療法しかない。一生お肉系のフードなどを食べられない。

考えれば考えるほど恐いのですけど、何年もほうっておくと必ず肝硬変になるそうです。

ハミングの先生は、五右衛門は肝臓が普通であるから、シャントがあったとしても、一回の手術で
縛ることが出来るかもしれないと言われました。

そこにかすかな希望を感じます。


県外ですが、東海地区でこのCT検査及び開腹検査及び手術が出来る病院を教えていただきました。

CTだけなら市内にもありますが、その後開腹になるかもしれないし、だったら最初から同じトコで。

門脈シャントの検査や手術に多くの臨床経験を持っている病院の方がいいだろうと思います。

ただし、今のところ肝硬変が無いので、大急ぎで行かなくてもいいようです。

もう少し涼しくなってから、あとひと月かふた月後に予約してから、という結論になりました。

パパも真剣に聞いてくれて、私ははっきり言って肩の荷がちょっと下りました。

今まで全部一人で聞いていたから・・・



ただし。。。この門脈シャントの疑いは、今回の倒れた発作と関係あるのかわかりません。

ということは、今のところ引っかかってこないけど、何か隠れた病気がまだあるかも?

でも、まあそれはあの後、すっかり影をひそめているので、気にしないことにしなくてはいけないのです。


まずは、目の前のコトから・・・そうするしかない。

倒れてからの五右衛門は、それはそれは甘えん坊さんになってしまいました。

私がいつも顔色を伺うというか、いつも注意をしているしすぐ抱っこをしてしまうから。

心臓の鼓動もしょちゅう確認しちゃいます。

脳障害の可能性も無きにしも非ず・・・と、思うので(先生はたぶん大丈夫といいましたが)

まっすぐ歩いているか、ふらつきは無いか、などついついずっと見てしまいます。


まずは、10月くらいにCT検査です。

とりあえず、今は食事をきちんと摂って、体力を付けておくようにしたいと思います。

あとは小次郎もいることですし、なるべく普通の生活を心がけたいです。

今までは自分の方が甘やかされていたのに、なんか変だ!って思っているはずだから。




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
静岡県浜松市の端っこの方に住んでいます
意外と食い意地が張っているというウワサ!!

インスタグラムのユーザーネームは「kazumi_goekoji」です。検索してね♪

活発で明るくマイペースな五右衛門
2007.2.27生まれ カフェオレ
(ミルク多めの・・・)
5歳半で門脈シャントを手術。
8歳で不整脈が発覚。

甘えん坊で少し神経質な小次郎 
2007.5.18生まれ ブラック
7歳のとき急性膵炎発症→完治

コメント欄は常時閉じていますのでコメントは拍手からお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード