プードルの涙焼けのこと

昨日の写真整理で思い出しましたので、今日は流涙症について書きます。

このころの五右衛門は下を向くとこうです。涙で濡れています
プー飼いの方の中の何割かは、この涙に悩まされていることと思います。
いえ、プードルだけではないかもしれません・・・
IMG_0578.jpg

大きくした写真がコレですトリミングから帰ってきたばかりなのにこんな涙。
しかもほっぺたのとこらへんが、ほお紅を塗ったみたいに赤く染まっています
これがウワサの涙焼け!いつも涙が出ている証拠。
涙の成分が毛の色を変えてしまいます。そしてちょっとクチャイです
IMG_0578b.jpg

ですが、涙焼けが問題になるのは実は着色そのものではありません。
いつも濡れているとそこに雑菌が繁殖するのがよくないらしいんです
被毛の着色はこれを教えてくれているんだと思います。

大変困った問題です。みなさんのプーちゃんは大丈夫ですか??

パピーのうちは、とにかくこまめに拭く!拭く拭く拭く!!
お湯で湿らせたガーゼなどで一日何度も拭いてあげてください。

そして根本的にこれを解決するにはお医者さんに行くこと。
涙が過剰なのか?それとも詰まっているのか?はたまた両方なのか?
先生によ~く目を見てもらった上、検査用の目薬などで検査していただきます。
そして原因と症状の説明、その子に合った解決方法を教えていただきましょう。
わからないことは聞いたり話し合って、納得すれば治療をお願いしてください。
もし納得できなければ別の病院へ行くことをお勧めします^^

ちなみにうちの五右衛門は給排水両方が問題でした
眼球を刺激する見えないくらいの小さなまつ毛があるうえに部分的にまぶたが
わずかに内反していたこと。このせいで涙が多かったと思われます。
そして一番の原因は鼻涙管が異常に狭いことでした。
狭いということは目やになどで詰まり易いということですね
正常ならば鼻涙管を通り、鼻にきちんと抜けます。
鼻涙管のお掃除をしてもらって詰まりを取り除くことが出来ました。

あまり長いことほうっておくと、鼻涙管の中で癒着が起こりお掃除出来ないことも・・・
遅くとも一歳から二歳くらいにはお医者さんに診てもらうことをお勧めします
もちろんそれを過ぎた子でも診てもらってください。ひどい癒着が無ければ治ります^^

五右衛門は今でも時々まつ毛を抜き、お掃除をしていただきます。
(イマイチ通りが悪いんだけど
まぶたの内反は成長と共に段々治ってきているようです。

以前よりこんなに涙が出なくなりましたよ~
ほお紅が無いのがその証拠です
IMGP6915.jpg
食べ物も関係があるようですね~ドロドロ涙は鼻涙管を詰まらせます。
サラサラの涙を作るようにしたいものです。
 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
静岡県浜松市の端っこの方に住んでいます
意外と食い意地が張っているというウワサ!!

活発で明るくマイペースな五右衛門
2007.2.27生まれ カフェオレ
(ミルク多めの・・・)
5歳半で門脈シャントを手術。
8歳で不整脈が発覚。

甘えん坊で少し神経質な小次郎 
2007.5.18生まれ ブラック
7歳のとき急性膵炎発症→完治

コメント欄は常時閉じていますのでコメントは拍手からお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード