ワクチン接種と核硬化症

日曜まで4日ほどギックリ腰で寝ていましたが・・・

やっと復活し、昨日の月曜はやっと仕事行きました。

今週は仕事が暇なので、たまった家事も出来て良かったです。


で、今日はごえこじの9種混合ワクチンでハミング動物病院へ。
DSC03717g.jpg


実は私がギックリ腰初日でかなりつらいとき、小次郎の下痢を診てもらいに来ているんです。

もしもまた急性膵炎だと大変なので、コルセットを巻いて痛みを究極我慢して。

血液検査の結果は大丈夫、季節変わりによくあるただの大腸炎でした。

このふたり、なんだかんだで年に4~5回血液検査してます

早めに行って大正解、夜には本気で動けなくなりました。


今日の診察は五右衛門から。
DSC03728g.jpg

色々診てもらい注射の準備中。
DSC03729g.jpg

注射がめちゃ早いハミング先生♪
DSC03730g.jpg

お次は小次郎。
DSC03731g.jpg

気づかれないくらいの素早い注射♪
DSC03737g.jpg

終わりました~
DSC03740g.jpg

2日後にシャンプーなので、ノミダニ予防はその時にしてもらいます。



核硬化症について

ところで小次郎の目ですが、ずいぶん前(数年)から白くて核硬化症だと言われていました。
DSC03741g.jpg

目が白いと白内障の始まり?と思う方もいるかもですが、小次郎のは白内障ではありません。

核硬化症と言ってただの老化現象です。治療も無し。失明の恐れも無し。


小次郎のような青白い感じは、核硬化症です。
DSC03742g.jpg


プードルには白内障が多いと書いてあるサイトもありますが・・・

それは遺伝的な若年性のもので、同じくPRA(進行性網膜萎縮症)も多いといいますよね?


先生のお話や色々調べたところに寄ると、犬の白内障は割合としてはかなり少ないらしいです。

私は犬は年を取ったらみんな白内障になると思い込んでいましたが間違いでした。


ちなみに白内障の始まりは、光の反射が無くなるそうです。なので意外にも黒く見えるとか。

もしも白内障だと白くなる前に発見するのが重要です。

早期からの点眼治療が効果あると言われているので、何もなくても時々診てもらってうちのコの目の具合を先生に把握しておいてもらうのがいいと思います。

初期の白内障と核硬化症が似ているのも事実のようです。


人間でもそうですが健康状態にはかなりの個人差があります。

普段の様子がわからないと、異常なのか普通なのか判断できないので、特に病気でなくてもある程度の状態を診てもらっておくのは必要だと思います。


参考⇒白内障と核硬化症の違い

参考⇒白内障の進行(4段階)






関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
静岡県浜松市の端っこの方に住んでいます
意外と食い意地が張っているというウワサ!!

活発で明るくマイペースな五右衛門
2007.2.27生まれ カフェオレ
(ミルク多めの・・・)
5歳半で門脈シャントを手術。
8歳で不整脈が発覚。

甘えん坊で少し神経質な小次郎 
2007.5.18生まれ ブラック
7歳のとき急性膵炎発症→完治

コメント欄は常時閉じていますのでコメントは拍手からお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード