小次郎のその後~退院から1週間

小次郎のその後ですが、散歩もしたり元気です。いつもと同じ普通の生活が出来ています。

一週間後の再診で、ハミング動物病院へ来ました。

いつもの定期的な診察(体重測定やノミダニ)とほぼ重なったのでそれも一緒に。

4時半で満員御礼・・・でもお散歩していたら、それほど待たずに診察できました。
DSC02202d.jpg
以前会ったことがあるプ~のママにもお声を掛けていただきました。ありがと~♪

まずは小次郎の体温を測定。
DSC02211d.jpg

体重を量って目や歯も。3.7→3.3キロに減ってたのがまだ全然増えない・・・トホホ
DSC02204d.jpg

脚やお腹も診てもらい・・・
DSC02207d.jpg

聴診器で心雑音を確かめます。
DSC02209d.jpg

五右衛門は私の足元で出待ちです。
DSC02214d.jpg

血液検査はいつものように頸静脈から。小次郎は全く保定いらずでいつもほめられます。
DSC02212d.jpg

五右衛門の健康診断が済んだら、ふたりともノミダニのポチョです。
ハミング0705dd
ちなみに五右衛門は、2.7→2.82キロに増えていました。元は2.3キロだったのよ、ヤバイったら~

終わればルンルン♪
DSC02216d.jpg
CRP値は先生の予想とは違って、まだゼロに近いものではありませんでしたが確実に下がっています。

今日も処方食を購入。一週間分欲しかったんだけど5日分、在庫が無かった・・・
DSC02227d.jpg
ついでにフィラリアのお薬もいただきましたよ。

ふたりともまるで欠食児童。ものすごく喜んで食べています。退院してからいやしさが満開!

このあたりは五右衛門と同じ。いやしい子がふたりになってしまいました。

とりあえずこの缶詰を食べていれば安心なのですが、試供品で処方食カリカリにも挑戦します。

今日は小次郎の好きな食べ物のことを話しました。

よ~く考えてみたけど、やっぱり脂が多いものは日常的に与えていないと言い切れます。

色々あげるけどほんの少量だもの。それにお肉はパサパサの茹でた鶏肉しかあげませんよ。

他のお肉は、本当にオヤツ程度のひとかけら。どちらかというと、おからや野菜やフルーツをあげています。

あとは誕生日にケーキを食べるくらいかな?

脂肪分が原因と言われていた急性すい炎。

最近ではどうやらそれだけではないらしいということになっているみたいです。

なので原因はやっぱり不明。よく言われる「特発性」と言うヤツですね~。

犬の医学界でも、病気はやはり遺伝や体質によるものが大きいんじゃないか~という話のようです。

どなたかの乳がんとか?・・・このあたり人間と同じですね~

ネット記事のお勧めはじゃがいものようですが、好きなカボチャもトマトもいつものような少量ならOK。

フルーツも、同じく少量ならばOKです。

消化がいい普通に炊いたごはん、鶏の胸肉は特にお勧めのようです。

でも、まあなりやすいということには変わりないので、経過観察して気をつけながらですが。

CRP値が下がったら少しずつおやつ的にあげてみようと思います。




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
静岡県浜松市の端っこの方に住んでいます
意外と食い意地が張っているというウワサ!!

活発で明るくマイペースな五右衛門
2007.2.27生まれ カフェオレ
(ミルク多めの・・・)
5歳半で門脈シャントを手術。
8歳で不整脈が発覚。

甘えん坊で少し神経質な小次郎 
2007.5.18生まれ ブラック
7歳のとき急性膵炎発症→完治

コメント欄は常時閉じていますのでコメントは拍手からお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード