小次郎のその後~退院から3週間

今日はパパと浜北近くでランチ中、いきなりすご~いカミナリが鳴ってどしゃ降りになりました。

ランチが終わったら一時的に晴れてたけど、また降ってきちゃった。


家に帰り、パラパラ降る雨の中をまたまたハミング動物病院へ診察に出かけます。

カミナリが落ちたらしく、志都呂イオン方面の大きな道路で信号があちこち消えていて・・・

信号の代わりにおまわりさんですが、ちゃんとした手旗やってくれてなくてわかりにくかった

しかもおまわりさんが足りないみたいで、いない交差点もありまして恐かったです。徐行しろやっ!

病院は停電していなくて


さて、急性膵炎をなんとか克服した小次郎の血液検査の結果は・・・

先週変わらずだったCRP値が、ようやく下がってきました。

入院中の最高値は13でした。前回前々回は2.05、今日は1.15です。

もうお薬は飲まなくていいって~


うっかりカメラを持っていかなかったので、写真が無いけど・・・

10日前くらいのシャンプ~の時の写真を載せます。

私が迎えに行ったとき、トリマ~のYちゃんに抱かれて出て来た五右衛門と小次郎です。
DSC02383d.jpg

五右衛門がジタバタ、なんとか小次郎の上に乗りたいらしいんです。
DSC02386d.jpg

病気だったこともあり、小次郎のオケケがモツモツだったそう。梳かしてないもんね、ゴメンナサイ・・・


あとね、走行可能距離の表示が0キロになってからガソリンを入れたら、60リッター入ってしまった

0キロの表示から何キロ走れるのかな?なんて思ってしまいました






スポンサーサイト

テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

小次郎のその後~退院から2週間

ランチ&見るだけショッピングから帰ってから、ハミング動物病院に行きました。

さて、小次郎のその後ですが・・・

病院でまたまた血液検査をした結果、CRP値がなかなか下がりきらず
DSC02430d.jpg

先生は、この程度の数値は大きな問題ではない、と言ってくれましたけどショックです。

当の本人が陽気なので救われてますけど
DSC02429d.jpg

もうしばらく大事をとって、先生お勧めの療法食を食べさせます。
DSC02431d.jpg
診察はまた一週間後、ちょっとでもいいから下がってくれるといいけど・・・




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

小次郎のその後~退院から1週間

小次郎のその後ですが、散歩もしたり元気です。いつもと同じ普通の生活が出来ています。

一週間後の再診で、ハミング動物病院へ来ました。

いつもの定期的な診察(体重測定やノミダニ)とほぼ重なったのでそれも一緒に。

4時半で満員御礼・・・でもお散歩していたら、それほど待たずに診察できました。
DSC02202d.jpg
以前会ったことがあるプ~のママにもお声を掛けていただきました。ありがと~♪

まずは小次郎の体温を測定。
DSC02211d.jpg

体重を量って目や歯も。3.7→3.3キロに減ってたのがまだ全然増えない・・・トホホ
DSC02204d.jpg

脚やお腹も診てもらい・・・
DSC02207d.jpg

聴診器で心雑音を確かめます。
DSC02209d.jpg

五右衛門は私の足元で出待ちです。
DSC02214d.jpg

血液検査はいつものように頸静脈から。小次郎は全く保定いらずでいつもほめられます。
DSC02212d.jpg

五右衛門の健康診断が済んだら、ふたりともノミダニのポチョです。
ハミング0705dd
ちなみに五右衛門は、2.7→2.82キロに増えていました。元は2.3キロだったのよ、ヤバイったら~

終わればルンルン♪
DSC02216d.jpg
CRP値は先生の予想とは違って、まだゼロに近いものではありませんでしたが確実に下がっています。

今日も処方食を購入。一週間分欲しかったんだけど5日分、在庫が無かった・・・
DSC02227d.jpg
ついでにフィラリアのお薬もいただきましたよ。

ふたりともまるで欠食児童。ものすごく喜んで食べています。退院してからいやしさが満開!

このあたりは五右衛門と同じ。いやしい子がふたりになってしまいました。

とりあえずこの缶詰を食べていれば安心なのですが、試供品で処方食カリカリにも挑戦します。

今日は小次郎の好きな食べ物のことを話しました。

よ~く考えてみたけど、やっぱり脂が多いものは日常的に与えていないと言い切れます。

色々あげるけどほんの少量だもの。それにお肉はパサパサの茹でた鶏肉しかあげませんよ。

他のお肉は、本当にオヤツ程度のひとかけら。どちらかというと、おからや野菜やフルーツをあげています。

あとは誕生日にケーキを食べるくらいかな?

脂肪分が原因と言われていた急性すい炎。

最近ではどうやらそれだけではないらしいということになっているみたいです。

なので原因はやっぱり不明。よく言われる「特発性」と言うヤツですね~。

犬の医学界でも、病気はやはり遺伝や体質によるものが大きいんじゃないか~という話のようです。

どなたかの乳がんとか?・・・このあたり人間と同じですね~

ネット記事のお勧めはじゃがいものようですが、好きなカボチャもトマトもいつものような少量ならOK。

フルーツも、同じく少量ならばOKです。

消化がいい普通に炊いたごはん、鶏の胸肉は特にお勧めのようです。

でも、まあなりやすいということには変わりないので、経過観察して気をつけながらですが。

CRP値が下がったら少しずつおやつ的にあげてみようと思います。




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

小次郎の退院 “急性すい炎”

月曜から日曜まで、ちょうど一週間。

本日めでたく小次郎が退院しました。


面会に行ったら、炎症のCRP値も昨日よりさらにぐ~んと下がり、退院の許可が出ていました。

ホント、あのお下血を見たときはどうなることかと思いました。お友達もみんな応援ありがとね~!

そしてハミング動物病院の先生やスタッフのみなさん。

毎日のお見舞いに面倒がらず時間を取り、対応してくださって本当にありがたいです。


いきなりの下痢嘔吐、出血性大腸炎かと思ったら・・・急性すい炎、痛がってなかったけどお腹も相当痛いらしい。

急性すい炎(膵炎)とは?

胆汁などと混じってから消化酵素として働くはずのすい液が、なぜか単体で活性化してしまう病気。

早く言えば自分のすい液が、自分の臓器あれこれをどんどん消化し炎症させて壊してしまうらしいのです。

そのため多臓器不全になったり、出血のショック状態が起きたり、肺の炎症で呼吸困難になったりするそうです。

なので最初は「もしかすると最悪の結果もある恐い病気です」と言われていました。

検査の数値を見て「これならたぶん大丈夫」と言われましたが、心配で記事書けませんでした。


本当におかげさまで、まだ完治ではないですが相当良くなっているのがわかります。

そうそう、すい炎って以前は基本絶食治療だったそうですが、先生によると今は早めに食べさせるようです。

ネットなどの古い情報や間違った情報をを鵜呑みにしていると、治るものも治らないよね。

すい臓を休ませるため長く絶食ではなく、食事によってちゃんと栄養を摂り酵素の入れ替わりを

促すということらしいです。もちろん低脂肪で水分が多い食事です。あとはとにかく点滴の輸液。



小次郎は帰りの車の中でピ~ピ~言っていて、家に着くなりパパをチラ見し急いでトイレに直行。

トイレに行きたいピ~ピ~だったみたいで、どうやら病院からガマンしていたようです。ごめんね!

大丈夫、普通に硬いうんPが出ました。ちょっと黒いですが超うれしいです♪


その後は・・・
DSC02142d.jpg

その後ソファの上でも・・・
DSC02150d.jpg
DSC02145d.jpg

五右衛門は案外冷静でした。

脂分が少なく消化がいいという病院のゴハンとお薬です。
薬とフード0629d

先生に聞いたら五右衛門も同じでいいというので、同じゴハンでお付き合いです。
DSC02156d.jpg

あっという間に完食。少なかったかな?でもあんまり動いてないから。明日の朝はもう少し増やすね。
DSC02171d.jpg

大好きなぬいぐるみをハグハグして・・・(これは面会のときも持って行きました)
DSC02172d.jpg

咥えてウロウロと持ち運び・・・
DSC02174d.jpg

そのうち疲れたのか、私の横で寝ちゃいました。
DSC02175d.jpg

当然五右衛門もソファでおネムです。
DSC02176d.jpg

ごえこじ家に日常が戻りつつあります。

下痢嘔吐を甘く見ないで、いつもと違ったら、もしも血が混じったらその日のうちに必ず病院です。


とにかく低脂肪の水分多めの食事。おやつやおすそ分け禁止。

次は一週間後の血液検査です。




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

小次郎の入院 “急性すい炎”

小次郎がいないわけを書きます。

小次郎は表題の通り、入院しています。

月曜に下痢で病院にいきました。かなりひどい状態で、前回のように下血もあり嘔吐もしました。

今回も最初は血便程度だったのが、ほとんど鮮血が出てしまったのです。 →前回の入院の過去記事

小次郎はこんな状態でも、しっかりトイレでして踏んでもいなくて驚きです。

ホームドクターのハミング動物病院で、血液検査と肛門からの出血の顕微鏡検査。

まずは「出血性大腸炎」という診断。

顕微鏡検査では特に菌はいなくて、きれいな血液とのことでした。

血液検査ですい炎の疑いが出まして、さらなる検査もお願いしてすぐに入院。

下痢のせいで脱水状態になっているといけないので、点滴治療のためです。

胃腸のレントゲンでは特に異常なし。

数値は先生の予想通り「急性すい炎」でした。死んじゃう子もいるような恐い病気らしいです。

月曜夕方に入院してすでに約一週間。前回とは違い病院でも下痢便が出たもよう。

毎日面会に行っていますが、本人は見た目けっこう普通です。

これは金曜の夕方、私もようやく写真を撮る余裕が出ました。
DSC02102d.jpg

ですが、まだ炎症の値が大きくて、これが下がったら退院出来ます。

家に帰ってきたら、元気な姿をUPします。

お友達にはご心配をおかけしています。

小次郎がいなくてもあまり気にしない五右衛門が、さびしそうでおとなしくなってます。
DSC02059d.jpg

下痢と言うと食事が原因かとも思うのですが、なぜ小次郎だけそんなにお腹が弱いのかな?

それとももっと根本的な体質や遺伝の問題があるのか?原因は全く不明。

早く治るといいです。




テーマ:ペットの健康・病気・怪我 - ジャンル:ペット

プロフィール

かずみ

Author:かずみ
静岡県浜松市の端っこの方に住んでいます
意外と食い意地が張っているというウワサ!!

活発で明るくマイペースな五右衛門
2007.2.27生まれ カフェオレ
(ミルク多めの・・・)
5歳半で門脈シャントを手術。
8歳で不整脈が発覚。

甘えん坊で少し神経質な小次郎 
2007.5.18生まれ ブラック
7歳のとき急性膵炎発症→完治

コメント欄は常時閉じていますのでコメントは拍手からお願いします。

FC2カウンター
検索フォーム
カテゴリ
リンク
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
QRコード
QRコード